So-net無料ブログ作成

<堀江元社長>「偽メール」で民主と和解(毎日新聞)

 ライブドア(現LDH)の粉飾決算事件で実刑判決を受け上告中の元社長、堀江貴文被告(37)が国会で取り上げられた偽メール問題で名誉を傷つけられたとして、民主党に3300万円の賠償と謝罪広告掲載を求めた東京地裁(浜秀樹裁判長)の訴訟は、先月24日付で和解が成立した。民主党によると、偽メールについて謝罪したうえで和解金300万円を支払う内容。

 偽メールは堀江元社長が自民党の武部勤幹事長(当時)の次男に3000万円を振り込むよう部下に指示した、との内容だった。永田寿康・元民主党衆院議員(故人)が06年2月の衆院予算委員会で取り上げたが、翌月、民主党は偽物であることを認めた。

【関連ニュース】
死刑執行:09年は7人、08年から半減 現政権下はゼロ
資金移動:新生党解党直前3億円集金 小沢氏団体に寄付
偽装献金:鳩山首相の納税額「約5億7500万円」
資金移動:検察「小沢氏の財布」政治団体の役割指摘
陸山会不透明会計:小沢氏元秘書から聴取…虚偽記載容疑

w45hbpcfのブログ
FMリスナー
自己破産
パチンコ攻略
債務整理無料相談

人と防災未来センター「東館」公開 風水害を学ぶ(産経新聞)

 阪神大震災の教訓を後世に語り継ぐ「人と防災未来センター」(神戸市中央区)の中で閉館中だった「ひと未来館」が「東館」としてリニューアルオープンするのに先立ち、7日に内覧会が行われ、関係者らに館内が公開された。風水害について学ぶことのできる施設となっており、8日午前9時半から一般公開される。

 「ひと未来館」は命の尊さについて学べる博物館施設として平成15年に開館。昨年4月から改修工事を行っていた。

 内覧会には約150人が出席。兵庫県の井戸敏三知事が「経験や教訓を伝えて他の災害の備えとするのが被災地の役割」とあいさつし、テープカットが行われた。

 館内は「水と減災を学ぶ」をテーマに4つのフロアで構成。昭和13年に発生した阪神大水害の被災者が災害について語るインタビューの映像を大型スクリーンで流したり、世界各国の災害を写真パネルで紹介しており、子供たちにもわかりやすい展示内容となっている。

渋谷で働く店長のブログ
さだおのブログ
カードでお金
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
即日現金化

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。